AKIのお気に入りはマーベロンとトリキュラー!私に合った低用量ピル

低用量ピル

副作用の緩和

副作用の緩和 女性自らが避妊する方法としてピルと呼ばれる避妊薬を毎日決まった時間に服用することでコンドームの仕様よりも高い確率で避妊することができる経口服用の薬がありますが、女性の身体にかかる負担は大きくホルモンバランスを大きく変えてしまうので副作用によって辛い症状に悩まされることも少なくありません。
そこで開発されたのが低容量ピルと呼ばれるもので第三世代のマーベロンという薬があります。
マーベロンとは、ピルと同様に避妊効果はあり、黄体ホルモンは通常の量が含有されており、卵胞ホルモンの配合量をぎりぎりまで減らすことで、ある程度辛い副作用を緩和させることができます。
作用機序として、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを服用することで性腺刺激ホルモンの分泌量を抑制することができるようになるため、この作用によって卵胞が十分な大きさまで成長することを阻害し、排卵がおこりにくくなるので精子と卵子が結びつくことを防ぎ受精することを妨げることができるようになり妊娠を回避することができるようになり、他にも子宮内膜や頸管粘液に作用する働きももっているため精子の侵入を防ぐ効果もあります。
ピル自体は避妊の効果が高いものとして多くの女性から認知されていますが、他にもホルモンを摂取し体内にホルモンバランスを整えることで辛い生理痛や生理不順など女性の身体に起こる問題を解決してくれる働きもあります。
用量には21錠服用タイプのものと28錠の服用タイプのものがあり、3相性のものと異なり服用期間によってホルモン量が変わるものではなく1相性と呼ばれるものになるので服用方法も簡単であり、1ヶ月に1日1錠の服用で21日間の服用となり7日間は服用をとめ、7日後に再び服用を開始します。
28錠の場合には、服用しない期間が続いてしまうと飲み忘れの原因となってしまうことがあるので飲み忘れ防止のために偽薬が含まれているので飲み忘れてしまい避妊できないことを回避してくれるタイプになります。
低容量ピルは副作用は少ないですが血栓を作り出してしまう可能性もあるので、服用を考えている女性はまず医師に相談し自分にあった避妊薬を使用するようにしましょう。

About

当サイトではトリキュラーやマーベロンなどの避妊薬について、その体験談を元にご説明しています。緊急避妊ピルのアイピルを含め、女性にとっては心強い味方のピルですが、しっかりと薬の特性を理解して使用することが重要です。