AKIのお気に入りはマーベロンとトリキュラー!私に合った低用量ピル

低用量ピル

妊娠を避ける為のマーベロン

妊娠 マーベロンとは、低容量ピルとして有名な商品ですが、この商品にも2種類存在していることをご存知でしょうか?
この商品の名称の末に21・28という2種類が存在しているので、まずはじめにこの2種類の違いからご説明をさせていただきます。
末が21の商品のこちらの商品は、白い錠剤が21錠入っているタイプの医薬品となるのですが、この21のタイプの服用方法として、まずはじめに、1という記載がされている指定された数字が振り分けられた錠剤から服用をはじめ、毎日1錠ずつを番号の順番に従って服用をしていき、21日間ですべて服用をした後、7日間・1週間の間は休薬期間を設け、また7日間の休薬期間が終わった後に、新しいシートの指定された振り分けられている番号に従って1から服用をはじめ、この21日間服用した後に、7日間休むといったサイクルを永続的に続けていくわけですが、その1錠目を服用するタイミングは、生理初日となる月経初日から服用を始め、これにより風用初日から避妊もすることができるのですが、もし初回の服用のタイミングが生理の初日より開始が遅れた場合は、はじめの1週間はコンドームといった避妊器具を用いることをお勧めします。
次に商品名称の末の28がつくこちらでは、先にあげた21錠と同じ錠剤に加えて、緑色の偽薬の7錠が含まれており、21錠は、有効成分が配合されている低容量ピルなのですが、この緑色の偽薬はその名前のとおりで有効成分が含まれていないもので別名ブラセボ錠といいます。基本的な服用方法は先にあげた21タイプと同じで、生理初日となる月経初日を境に、1と振り分けられて指定されているものから服用を開始するのですが、21錠の有効成分が配合されている錠剤の服用が終わった後、こちらも同じく休薬期間を設けるのですが、こういったピルを服用する際に、1週間という長い期間を設けることで、服用をすることを忘れがちになってしまうので、それを防止することを踏まえてこの偽薬という有効成分を含まない偽薬を服用することを推奨しているのです。
偽薬が1週間分終われば21タイプと同じく28のタイプもまた2サイクル目に入るといった流れとなります。
このマーベロンはいずれも必ず毎日服用をすることがとても大切なので、忘れがちという方であれば、21ではなく28のタイプをお求めになることをお勧めします。

About

当サイトではトリキュラーやマーベロンなどの避妊薬について、その体験談を元にご説明しています。緊急避妊ピルのアイピルを含め、女性にとっては心強い味方のピルですが、しっかりと薬の特性を理解して使用することが重要です。